Internet Explorerで
閲覧されている方へ

MicroSoft社がIEのサポートを終了されることが理由で当サイトはIEにて正しく表示されない事象が確認されております。
当サイトのご利用にあたってはMicrosoft EdgeまたはGoogleChromeをダウンロードしてご利用ください。

尿もれに敗北感…原因は骨盤底筋のゆるみ。家族に隠れて一人動画でコソトレ中 /更年期ジャーニー(5)

MENO MAGAZINE編集部

noimage

本マガジンご利用の皆様へ(注意事項等)

【イラスト連載】更年期ジャーニー​
夫、息子、娘の家族4人で暮らす、更年期世代の働きママ・メノ子が、仕事に育児に追われる日々の中で体験した数々の「更年期な出来事」を連載でご紹介。メノ子が更年期とうまく付き合い、自分らしい日常を取り戻す日はいつ訪れる!?​

> 連載一覧はこちら

 

こんにちは、メノ子です。

突然ですが、みなさんは「尿もれ」と聞いてどんなイメージが浮かびますか?

「テレビで尿もれパッドのCMは見たことあるけど、お年寄り向けでしょ?」という方がほとんどかもしれません。

でも、実は尿もれは更年期症状の一つ。しかも家族や友人には話しにくい、恥ずかしい症状ナンバーワンといっても過言ではありません。

大きな声では言えませんが、実は私も経験者。それまでは私も尿もれ=お年寄りと思い込んでいたので、40代の自分に起こるなんてショックでショックで…。

ただ、あるとき改善法があることに気づき、それ以来ずっと習慣のように続けています。その方法を含めて、今回は私の「尿もれエピソード」をご紹介します。

 

大笑いしたらジワッ、くしゃみをしたらジワッ。まさか自分がなるなんて! 

あれは家族でバラエティ番組を見ていたときのこと。芸人さんのネタで大笑いして、グッとお腹に力が入った瞬間、初めてあの感覚がありました。

 

…ジワッ。

 

えっ? 今のはまさか尿もれ?!

すぐに立ってトイレに行くと、やっぱり下着にシミが!

部屋着にまでは染みていなかったけれど、初めてのことに激しく動揺しました。

 

次に起きたのは友だちとランチ中。おしゃべりしている途中でくしゃみをしたとたん、例の「ジワッ」が来たんです。

 

やばい! 今日はベージュのスカートだ! 染みたら絶対バレる!!

 

と焦った私は、会話の途中で突然立ち上がり「ちょっとゴメン、すぐ戻る!」とトイレに駆け込みました。

 

そのときもガードルのおかげでギリセーフでしたが、挙動不審の私に友だちも「大丈夫? 具合悪いの?」と心配そう。でも言えない。「実は尿もれで…」なんて、口が裂けても言えない!!

 

家族にも友だちにも話せないまま、半年以上が過ぎていきました。

 

結局頼ったのは生理用ナプキン。でもムレるし不快!

尿もれが起こるのは毎日ではなく時々だったのですが、困るのは予測できないこと。何かのはずみでジワッと来る、あの感覚を自分で防げないことに落ち込みました。

しかも私はまだ40代。尿もれパッドという商品があることは知っていても、高齢者向けのイメージが強くて手が出せませんでした。

本当はそんな思い込みをなくして、困ったら頼るべきだったのかも。そのための商品なのだから、年齢なんて関係ないと今は思います。でも、当時はそれを使ったら「老い」を認めてしまうみたいで…。

そこでまずはパンティライナーを使いましたが、吸収しきれずにジーンズに染みてしまったことが。一口に「尿もれ」と言っても、一回に出る量にはけっこう差があるんです。

それ以来、怖くて生理用ナプキンをつけて外出するように。でも、生理でもない日にナプキンをつけるのはやっぱり不快。

常に起こるわけでもないのに、どうしてこんなイヤな思いをしなきゃならないの!? と、出かけるのが憂うつになっていきました。

このまま回数が増えていくのも怖いし、自分で何とかできないのかな。そう思った私は、根本的な対処法を探すことにしました。

尿もれの原因は骨盤底筋のゆるみ。そこを鍛えれば改善するかも! 

尿もれについてネットや本で調べまくった結果、原因は「骨盤底筋のゆるみ」ということがわかりました。

骨盤底筋は、ぼうこうや尿道、子宮などを支えている筋肉。これが妊娠や出産、加齢、閉経による女性ホルモンの低下などによってゆるんでくると、尿もれの原因になるのだそう。

女性ホルモンの低下で起こるなら、更年期世代なら誰にでも起こりうるということ。これを知って何となくホッとしました。

 

さらに調べてみると、この筋肉を鍛えるトレーニングを発見。尿道や肛門をギュッと閉める・ゆるめるを繰り返すもので、寝ながらできるズボラ系エクササイズです。さっそく毎晩ベッドで動画を見ながらコソ練を始めました。

私くらいの年齢なら、尿もれは特別な症状じゃないし、鍛えれば改善もできる。“尿もれな自分”を受け入れたら、トレーニングに前向きに取り組めるようになりました。

スタートして3ヶ月、なんだか姿勢や歩き方が変化してきたような…それまではいつも下腹部をダラっと楽にしていましたが、骨盤底筋に自然と意識が行くようになったんです。

そういえば、最近はあの「ジワッ」も起きていません。老後のことを考えても、これは続けたほうがいい! そう思って毎晩トレーニングを継続しています。

 

▼こちらもおすすめ

 

後日談ですが、先日同い年の友だちと久しぶりに集まったとき、いつも自虐ネタで笑わせてくれるSちゃんが「いや~最近尿もれがひどくてさぁ、もうおばあちゃんだよ!」とぶっちゃけてくれたんです。

するとほかの数人も「私も経験ある!」「びっくりするよね~」と賛同。なーんだ、みんなも言わないだけで経験してたんだ。「私だけ!?」と落ち込む必要なかったんだ。

みなさんの中にも、尿もれで悩んでいる人がいたら、実は身近なところに理解者がいるかもしれませんよ。

 

皆さんにも、こんな体験ありませんか? その時は更年期だとわからずに、いろいろ悩んだりするものです。ぜひ、あなたのエピソードも教えてくださいね。

 

次回は、「冬なのに私だけ滝汗…」ホットフラッシュの悩みについてお話します。(2023年1月12日(木)更新予定) 

イラスト/柿ノ種

 

更年期ジャーニー 記事一覧

noimage

MENO MAGAZINE編集部

アステラス製薬のウィメンズヘルスマガジン。更年期にまつわる基礎知識・症状・対策・体験談などの情報を発信しています。

体験エピソードの人気記事

体験エピソードの最新記事

メディアカテゴリ

本マガジンご利用の皆様へ(注意事項等)

本マガジンの目的及び注意事項

本マガジンは、更年期症状に悩む女性に対して一般的な見地からの情報を提供することにより、更年期症状に対する考え方を少しでも前向きにとらえていただき、仕事や家庭における活力向上の一助になることを目的に企画されたものです。
本マガジンに掲載される記事には、専門家の一般的な見地による情報、個人の考えや経験に基づく情報が含まれていますが、特定の疾患の治療や診断を目的としたものではなく、特定の医療機関の受診を促すものでもありません。また、特定の医療関係者や医薬品、医療機器等の宣伝広告を目的としているものでもありません。

その他特記事項

本マガジンに掲載される記事には、一般消費財の広告を掲載する事があります。Amazonのアソシエイトとして、アステラス製薬は適格販売により収入を得ています。

本マガジンの公式SNSアカウント上にお寄せいただいたコメント等のうち、健康法に関する記述に対して、運営側が「いいね」などを付ける事がございますが、これはあくまでもユーザー様が個人的に健康増進に取り組んでいる事実自体を認識したという意思表示であり、アステラス製薬がその健康法の適切さを確認し推奨しているものではありません。またコメントへの同意を示すものでもありません。SNSの趣旨である事業者とユーザー様間の双方向のコミュニケーションを成立させる事を意図しています。